オートリースのメリット

環境への配慮

自動車を取り巻く環境問題への対応

温室効果ガスの排出など、今日の環境問題への対応は企業の重要な課題となっています。NCSでは、車両、設備、情報など幅広い視点から、環境に配慮した多彩なサービスを展開しています。

自動車を取り巻く環境問題への対応

NCSの「見える化」メニュー

NCSは、自動車使用企業が抱える課題を【運行管理の合理化】と【安全運転の推進】【環境への貢献】と捉え、これらを実現する早道は「見える化」にあると宣言します。また、この「見える化」は運転者だけが取り組むのではなく、企業全体の仕組みで取り組んでいただく必要があると考えています。その実現ツールとして3つの「見える化」サービスを用意しております。

 
運行管理サービス
お客さまが記入したOCR方式の自動車運転日報またはお客さまがWebCASTに入力した運転日報を基に、NCSが独自の方法で入力・集計・分析し、運行状況の分析や各種報告書を提供します。
運行管理サービスについてはこちら Web CASTについてはこちら
NCSドライブドクター(テレマティクスサービス)
NTTドコモの通信機能を搭載したテレマティクス用ドライブレコーダーを車両に搭載することにより、車両の運転情報がNCSサーバに自動送信され、車両の運行状況や運転者の安全運転状況がWebで閲覧できるサービスです。
NCSドライブドクター(テレマティクスサービス)についてはこちら