オートリースのメリット

コストの明確化

車両を保有するには多額の車両購入費が必要なうえ、交換部品などを含む点検整備費は年々変動しながら増加します。
そのため、車両の運用管理に要するコストは不明瞭にならざるを得ません。
その点、オートリースは均等支払いなので、コストの明確化を図ることができます。

 
 

リースにした場合

車両購入時などの多額の調達資金が不要です。
車両は、リース会社が購入しますので、多額の資金調達が不要となり、銀行借入枠が温存されます。
また、余剰資金を有効活用できます。
コストが明確になり資金計画が立てやすくなります。
購入、修理・点検、車検、税金、保険といった、車両を使用するほとんどのコストがリース料に一本化でき、コストが明確となり、毎月の支払額が均等となるため、長短期の資金計画が立てやすくなります。
また、経費処理業務も大幅に削減できます。社員の原価意識も向上されます。
リースは経費処理できます。
リースの場合は、税法上、リース料全額が必要経費(損金)として認められます。
なお、契約内容によっては、リース資産として資産計上し、減価償却費等として計上する場合があります。