カーリースのNCSトップ  企業情報

道路交通安全への取り組み

道路交通安全への取り組み

NCS道路交通安全方針

私たち日本カーソリューションズは、オートリース事業の遂行にあたり、以下の取り組みを推進することにより、より安全性の高い車の利用環境を実現し、お客さま、そして社会に対して「安心」と「信頼」をご提供します。

リース自動車及び当社社用車に関わる道路交通事故のあらゆるリスクを分析・評価し、経済的・技術的に可能な範囲で、道路交通安全に関する目的及び目標を設定し、道路交通安全マネジメントシステムを運用します。また定期的にレビューを行い、継続的改善に努めます。
オートリース事業を遂行している当社として、以下の項目を重点課題として取り組みます。
  • 1) 「テレマティクスサービス」他のリスク管理ソリューションをお客さまに積極的にご提案し、お客さまの道路交通安全を強力にご支援します。
  • 2) 当社社用車に道路交通安全マネジメントシステムを適用して、重大事故の撲滅に努めます。
当社の道路交通安全マネジメントシステムに関して適用される法的要求事項、及び当社が同意するその他の要求事項を順守し、道路交通安全を推進します。
道路交通安全教育を実施して、当社で働く又は当社のために働くすべての人に道路交通安全方針の理解と道路交通安全マネジメントシステムの周知徹底に努めます。
道路交通安全方針を公開し、道路交通安全に関してステークホルダーとのコミュニケーションを積極的に進めます。

道路交通安全への取り組み

ISO 39001:2012 認証を取得

日本カーソリューションズは、道路交通安全マネジメントシステムに関わる国際規格「ISO39001」を、本店・御徒町・首都圏営業本部 横浜・中部営業本部 名古屋・関西営業本部 大阪・西日本営業本部 福岡において、取得しております。当社における道路交通事故による重大事故を撲滅するとともに、お客さまの道路交通事故による重大事故撲滅の支援を行っていくことを目指します。

ISO39001は、2007年8月にスウェーデンにより新規提案が行われたことを始まりとして、2012年10月に正式発行されました。道路交通衝突事故における死亡者、重大な負傷者の発生根絶を究極の目的とし、道路交通システムに関わる全ての組織が適用できる国際規格です。

リスクマネジメントメニュー

 当社では、2012年11月の ISO39001(道路交通安全マネジメントシステム)認証取得をステップに、お客さまへ更なる安心と安全をご提供するため、様々な「リスクマネジメントメニュー」をご用意いたしました。
 認証取得でのノウハウを活用し、お客さまの状況に合わせた事故防止の取組みをご提案するワンストップサービス『NCS交通安全プログラム』では、より安全性の高い車両の利用環境をご提供いたします。

NCSドライブドクター SDS(セーフティ・ドライバーズ・サポート)