カーリースのNCSトップ  法人向けカーリース(オートリース)サービスについて

カーリース(オートリース)に関するよくある質問

Q&A

どんな車をリースできるのですか。

日本で販売されているすべての国産、外国メーカーの車をリースすることができます。(正規販売店取り扱いの車種で、並行輸入車を除きます。)
車種、色の指定はもちろん、特別架装、オプション装着、および文字やマークをつけることも可能です。(法令に違反する改造にあたるような行為は禁止事項となります。)

リース期間は決まっているのですか。

リース期間は、お客さまのご希望にあわせて決めることができますが、通常は3年、4年、5年の中から、車検期間やお客さまの使用状況等により、適正な期間をお選びいただきます。極端な期間設定については、税務上の問題がありますので、ご相談ください。

購入に比べリース車の車両価格は安いのですか。

弊社指定の自動車ディーラーから購入することで、リース会社ならではの、大量仕入によるスケールメリットで、一般では得られない特別値引きを実現できるのです。また、リースではその車両価格から、設定残価を据え置いてリース料を設定するので、ますます購入との差が大きくなります。

リース料には何が含まれるのですか。

リース料には、残価を差し引いた車両価格の他に、登録諸費用、自動車取得税、リース期間中の自動車税、自動車重量税、自賠責保険料および金利・手数料と御希望により任意保険料が含まれます。メンテナンスリースの場合には、さらに、維持管理に係る費用(車検、点検・修理費用)が含まれます。

残価とはなんですか。

残価(残存価格)とは、中古車市場のデータを基に、予想されるお客さまの走行距離等を加味して、リース契約満了時の予想車両販売価格を弊社の永年の経験とノウハウにより算出したものです。

オートリース会社で自動車保険をかけることができますか。

もちろんです。弊社が保険代理店となることで、万が一の事故が発生した場合、迅速かつ適切な対応によりお客さまをサポートいたします。また、お客さまの事故処理の窓口を一本化することができ、現在ご加入中の任意保険の割引率もそのまま承継することができます。

リース契約を途中で解約することはできますか。

いいえ、原則として中途解約はできません。ただし、全損事故等のやむをえない事情の場合には、中途解約損害金をお支払いただいた上で、解約することができます。

リース期間が満了したらどうするのですか。

お客さまのご希望により、同じお車をご使用いただく場合には、再リース契約を結んでいただきます。新しいお車に切り替える場合には、あらためてリース契約を結んでいただきます。この場合、リース満了したお車は、NCSが責任を持って売却または処分致します。