カーリースのNCSトップ  企業情報 CS向上への取り組み

経営上のリスクを解消するために

CS向上への取り組み

経営上のリスクを解消するために

リスクマネジメント部/2008年度入社 赤井 智志
リスクマネジメント部/2008年度入社 赤井 智志

車をいかに安全に使用していただけるかを追求

私の所属しているリスクマネジメント部はお客さまの交通事故ゼロを究極の目標として様々な事故削減の取り組み提案を行う部署です。交通事故を起こしてしまうと運転者自身、家族、そして会社の運命をも左右しかねません。NCSではリース車両の提供だけでなく、安全な車両利用(運転)の取り組みに対しても力を入れています。そのような考えのもと、交通事故による死亡者・重傷者の撲滅を最終目標とした国際規格ISO39001を取得、活用し交通安全を追求しています。

実態を的確に把握し、体制構築へ

お客さまの業務内容によって車の使用方法は様々であり、どのお客さまでも運転者の指導に悩まれています。NCSではお客さまの使用方法、組織、事故傾向、コスト等の様々な観点から、取り組み体制、優先順位を提案し最大限の効果を発揮できるようコンサルティングを行っています。運転者の指導においては運転者自身が納得し改善しなければいけないという意識改革と職場の環境を作ることが重要です。その点でNCSテレマティクス商品である「NCSドライブドクター」による危険挙動の把握や運転映像の活用は効果的です。ただ通り一遍等な提案ではなくお客さまの実態に合わせた持続可能な取り組みを考え、提案しています。

経営者の観点での視野

経営者にとって社員の安全はもちろんのことコスト削減も重要な命題です。NCSは交通事故削減による社員の安全確保のみならず、エコドライブや保険料削減によるコスト削減も提案しています。合わせて保険付保内容が適正なのか等の提案も行っています。経営者、管理者、運転者にとってリース会社という枠で収まらず、車の事なら何でも任せられる会社であるよう取り組んでいます。