カーリースのNCSトップ  企業情報 CS向上への取り組み

安全に、快適に車両にお乗りいただくために

CS向上への取り組み

魅力的なオートリース会社を目指して

総務部/2007年度入社 中村 聡行
総務部/
2007年度入社
中村 聡行

総務部はNCSの顔?

総務部は外に出て直接お客さまのところへ伺う機会の少ない部署です。ただし代表電話には毎日100件を超えるお問い合わせをいただいており、考え方によってはお客さまとの接点が一番多い部署かもしれません。

お問い合わせの内容は千差万別

代表電話には様々な方々からお問い合わせが入ります。お客さまはもちろん、販売店、工場、保険会社、行政機関、間違い電話等と多岐にわたります。
代表電話は「どこに連絡をすればいいのかわからない」からこそ掛かってきます。困っている方(特に交通事故や故障)が代表電話にかけてこられますので、総務部はいただいたお電話には絶対に「わからない」とは回答せず、何を求められているのかを瞬時に把握・判断し担当部署へお繋ぎいたします。
それには社内のあらゆる知識が必要です。社内の情報を把握することは必須であり、常にアンテナを高く張っています。
困っている方の手助けになれるよう、正確かつ速やかな対応を日々心掛けています。

オートリース会社の社用車の管理とは?

この記事を読んでいただいている方はオートリース、特に社用車の管理に興味を持たれている方が多いのではないでしょうか。
オートリース会社の総務部だからと言って、特別な管理をしていることはありません。事故を減らす、コストを削減する、手間を減らす等、お客さまと同様の悩みを抱えています。
その中でNCS独自で行っている取り組みがあります。それはNCSのソリューション商品を活用し、データを蓄積することです。
NCSのソリューション商品が果たして有用なものなのか、改良の余地はないか、といった情報を開発関係部署へフィードバックします。そうすることで、既存商品のバージョンアップや新商品の開発に一歩近づく、そう考えています。
オートリース会社の総務部だからこそお客さまのためにできることがあります。お客さまの立場に立った意見を社内で共有することで、より魅力的な会社になるよう努めています。